読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

2016年もあと1ヶ月と少し

最近、平野紫耀くんを取り巻く環境が少しずつ確かに変わっているように私には思えて、着実に夢へと一歩ずつ近づいてきている感じ。

そんな時だからこそ彼が夢を掴み取るその日まで、その日から、を見守っていきたいのでブログを書くことにした。

 

私が平野紫耀くんを好きになって丸2年が経ちました。私は元々嵐の人間で、二宮くんが大好きでした。彼を超える存在なんてこれから先絶対に居ないと思っていました。

だけどちょうど今頃の季節だった。突然、彗星の如く紫耀くんは現れた。その日は、たまたま地元の県が紹介される回だったので笑ってこらえてを観ていました。その回に平野紫耀くんと永瀬廉くんがゲストで出ていた。テレビに紫耀くんが抜かれた瞬間!ビビッときたのを本当に今でも覚えてる。

彼はまだ17歳だった。どこかまだあどけなくて、可愛くて、私…もしかしたら…この子に…堕ちるかもしれない…全ての始まりはここからでした。

そこから沼にハマっていくのは早かったです。平野紫耀くんを知れば知るほど。

彼は本当に器用な人で何でも出来ちゃう。だけど、その器用さの裏には彼の血のにじむような努力の上成り立っているという事、それを微塵も表では感じさせない。

紫耀くん自体愛に溢れている人だから本当に仲間には恵まれてる。今まで組んだグループ、別れてきた仲間はいるけれど私はそれも含め彼を育ててくれたと思う。

そして何より紫耀くんの芯の強さ

基本平野紫耀という人間は根本の根っこの部分はこれから先も変わらないんだろうなぁ。

彼はペラペラと理想や夢を語るような人ではないから、それを大切に内に秘めてて大事な時に語ってくれる。

 そんな紫耀くんだからついていこうと、彼が夢を掴み取る瞬間もその先もずっと応援しようと思いました。