読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

JOHNNYS' Future WORLD

10/25梅田芸術劇場千穐楽からちょうど1ヶ月経ちました。遅ばせながら私が観てきた初座長、紫耀くんの博多から梅田、千穐楽までの思い出と感想を書いていこうと思います。

 

2016.5/5 夢にまでみた紫耀くん初座長のニュース、初めて帝国劇場に行った時にいつか、いつの日にか紫耀くんにもジャニワの座長をらやってもらいたい!ラストの退場の時、出演者の1番最後に観客席の通路を超満員の拍手と共に退場していく紫耀くんを絶対にこの目で観たいと思ってた。こんなに早く叶うとは…

この時から彼なりに9/19初日に向けて覚悟を決めていたと思う。

私は初日から2日後の21日に観に行きました。本当にスゴいショーを魅せてもらいました。オープニング幕が上がって紫耀くんの優雅なフライングに鳥肌が立ったのを今でも覚えてる。幕が上がるまでは本当に大丈夫かな?紫耀くん…初座長…なんて思ってましたが、紫耀くんはそんな事微塵も感じさせない、スッと一本筋が通っていて、僕は大丈夫だから!心配しないでと突き放されたような気持ちでした。

圧倒されるパフォーマンスの数々、息を呑むようなフライング、圧巻のダンス、歌、仲間とのお芝居などジャニーズのエンターテイメントを全て詰め込んだこの作品に座長という形で出演している紫耀くんを本当に誇らしく思いました。10月には場所を移し紫耀くんの原点となる大阪へ。やはり回を重ねるにつれてフライングが格段に上手くなって特に4Dフライングは博多座から比べると音と動きもピッタリで、こんな短期間の内にここまで仕上げてくる紫耀くんはさすがだなぁと…でも決して紫耀くんの力だけではこのジャニフワを大成功には導けなかったはず。prince始めとする紫耀くんの仲間が紫耀くんを支えてくれた。ほんとに仲間に恵まれてる。良い関係性で。このメンバーだったからこそいいものが出来たと思う。

千穐楽、みんなの最後だぞ!って言う気持ちが客席までしっかりと届いてました。そして紫耀くんの最後の挨拶も紫耀くんらしくって会場が幸せで、暖かな空気になったのは間違いない。もしかしたら紫耀くん泣くのかな?と思っていましたが彼の顔は凄く晴れ晴れしていて、やり切ったぞ!と言う顔をしていると同時に私には次のステージを見据えている様に感じました。頼もしい限り。

座長という大役をやってのけた紫耀くん。座長という言葉が嫌いと言っていたけれど私は大好きだよ。この舞台に出逢わせてくれてありがとう。

 

次は是非、帝国劇場の0番を!!